×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

エリオット波動理論って何だ。

(極秘映像)「あなたはFX投資、10年に
一度のチャンスを目の前にしています」
FX投資10年に1度

テクニカル分析における成功法則のひとつに、エリオット波動理論というものがあります。 なにやら、もの凄く難しそうな名前の理論ですが、大したことはありません。FX初心者の方には是非に知っておいてほしいと思います。

エリオット波動理論の基本的考え方=成功法則は、次の通りです。
エリオット波動理論は、R.N.エリオット氏が考え出したもので、相場というのはフィボナッチ数のもと一定の基本的リズムがあると提唱しました。
すなわちそれは、「5つの上昇波」と「3つの下降波」で構成され、合計8つの波をもって1つの周期となり、そのパターンで相場は展開するとしたのです。
フィボナッチ数列とは何だかご存知でしょうか。簡単に説明すると、前二項の和が次の数字になるという数列です。

例:0, 1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, 21, 34, 55, 89, 144, 233, 377, 610, 987, …
このように 0+1=1 1+1=2 2+1=3 2+3=5 3+5=8..........................というように数字が並んでいきます。

エリオット波動理論における成功法則の核心は何かと申しますと、
【エリオット波動理論によると、例えば 日々の変動 において、相場の一時的な天井や底から数えてフィポナッチ数字番目の日に次の天井や底を迎えることがある】ということです。

FX初心者が、この法則を覚えておけば、かなり役に立つのではないかと思われます。
ある日に相場が天井を迎えたら、フィボナッチ数列によって次の天井相場になる日はいつかを予測できるということなのです。


先着500名!無料DVD進呈。山根亜希子先生が明かす、FX業界の真実。



スポンサードリンク

エリオット波動理論から導かれる成功法則ってホント?

img40222.jpg

FX初心者の方は、ダウ理論やエリオット波動理論から導かれる成功法則について、疑問に思うことがあろうかと思います。
「FXに成功法則があるんだったら、何も悩む必要は無いし、誰でも勝ち組になれるんじゃないの? それなのに、大きく儲けている人もいれば、大して儲かっていない人もいるのは何故だ?」
という疑問が当然湧いてくるのではないでしょうか。至極もっともなことです。

ここで理論と実践について、FX初心者の方が理解しやすいように説明してみましょう。資格試験や英会話など、「必勝法」とか「完璧マスター」とかいううたい文句が踊った本がたくさん出版されていますよね。
では、実際に全員が試験に合格したり、英会話をマスターしたりするでしょうか。
当然ながら、そういうことはありません。本人のやる気や努力の違いが結果となって現れてしまうからです。
FXも、同様です。

FXで成功するには、
1)先達の体験談を研究し、
2)システムトレードで自動処理をテストしてみたり、自分で実際に試してみて成功や失敗を経験してみて、
3)そして、いくつかの成功法則に従って相場変動を予測してみる
これら一連の経験によって、自分自身の成功法則バージョンを作る必要があるということです。

成功法則とは、万能の特効薬ではありません。
自分でFX経験に採用できる理論武装のひとつでしかありません。
これはある意味で名医の条件に似ているかもしれません。
研究室で医学研究に専念している医者に、自分の病気を治療してもらおうという人はいないでしょう。
実際に臨床経験を積んで、最新の医療機械の扱いにも習熟していて、最新の医学理論も学んでいる名医に診てもらいたいはずです。
FX初心者の方は、まずヴァーチャルFXで、自分の成功法則をある程度作り上げてみるのがよいでしょう。
ダウ理論もエリオット波動理論も、自分独自のFX成功法則を導き出すための糧になれば、良いと思います。


先着500名!無料DVD進呈。山根亜希子先生が明かす、FX業界の真実。



FX初心者のあなたへ

img56606.jpg

FX初心者のあなたに向けて、私自身のFXに対する考え方を書いてみますね。
FXや株、先物はギャンブルと一緒だと言って毛嫌いされる方が少なくありません。私もそういう意見があることは十分承知しています。

もともと副業的なものだったはずのFXが、いつの間にか本業そっちのけでのめりこんだり、射幸心に引きずられて、自分を見失ってしまう人もいることは事実です。
私は本来、お金儲けの基本は、職についた会社を通じて社会貢献をしたその対価だと思っています。

しかし、一方では、働いてお金を得たら、家計でのみ消費するのではなく、余裕があれば今度はそのお金に働いてもらうという考え方も間違っていないと思います。
お金に働いてもらう手段のひとつとしてFXがあるという考え方です。

FX初心者の方がFXを始めるに当たっては、不安もあると思います。しかし、そもそも完全に安全な資産保全術などは存在しません。
ペイオフは解禁となり、かの郵政ですら分割民営化されました。金融部門の赤字化が懸念される現在、リスク分散としての資産の外貨分散は、もはや常識であると言えます。

FXは単に資産保全として口座を開いてもよいですし、デイトレやスワップポイントで細かく稼ぐのもよし、積極的に儲けに出てもよしと、それぞれの人の資産管理、運用方針に対して色々なプランが用意されているのが強みといえるでしょう。
資産運用、資産保全術としてのFXだけでなく、副次的な効用として世界をグローバルな観点で見る力を養うことにもなるということも言えるでしょう。 元手10万円足らずで、大きな資金運用ができるFXこそ、現代の錬金術にして資産保全術であると私は考えています。

FX初心者の皆さん、どうぞFXへの第一歩を踏み出してみて下さい。
そして、お金に働いてもらうことの醍醐味を是非味わって欲しいと思います。


先着500名!無料DVD進呈。山根亜希子先生が明かす、FX業界の真実。










Copyright © 2007 エリオット波動理論。FX初心者のための成功法則